F先生と鉄道模型

 先日、古本の「週刊朝日」1972年11月3日号を購入しました。最終ページのカラーグラビアに藤子先生の記事が載っているからです。
 記事のタイトルは「わたしの城 2本の模型列車と」

 川崎市生田から同市内の別の場所に引っ越した藤子F先生が新築の家に鉄道模型のレイアウトを敷設した、ということが写真付きで紹介されています。
 F先生が鉄道模型の愛好家であることはよく知られています。F先生は「家中に鉄道模型を敷設する」という夢を持っていて、その夢の一部が、納戸の片隅の占有を家族に許されたことで実現した、と記事では書かれています。このレイアウトの広さは、1.5平方メートル。この記事には書かれていませんが、F先生はNゲージを愛好していました。
 記事の題名に「2本の模型列車と」とあるのは、このレイアウトでは操車場で編成された2本の列車がレールを走るからです。ポイントの操作をミスすると、正面衝突が起こるそうです。



 この記事で紹介された鉄道模型のレイアウトは、F先生の短編作品『四畳半SL旅行』(初出:「マンガ少年」1979年12月号)の中で主人公の母伊浩美(おもいひろみ)がつくったレイアウトのモデルになっています。F先生は、自分でこしらえた鉄道模型のレイアウトを自分のマンガの中で再現したわけです。見開きを使って大きく精密に描いているところにF先生の強い思い入れがあふれています。
週刊朝日」の記事中に「視点をレールすれすれに置けば、かなりの迫力が味わえる」とあるのですが、『四畳半SL旅行』でも母伊浩美が同じことをする場面が描かれています。このとき母伊くんは「こうやってレールの高さに視点を置くと、すごく実感があるんだよ。まるで、自分がこの町の住人になったみたいな…………」と語っています。『四畳半SL旅行』ではトビラでもレイアウトの高さに視点を置いて模型機関車を眺める母井くんの顔が描かれています。



 F先生は「ビッグコミック」1974年2月10日号でも鉄道模型について熱く語っておいでです。その中にこんな発言があります

模型を使ったSL映画を撮ろうと思いましてね。テスト撮りをやったんですが、8ミリのカメラでアップにすると、なかなか迫力があって、おもしろいですよ。
特撮の要領で、私が模型の列車に乗るという話にしようと思ってんです。10分か15分の。おとなのメルヘンにすれば、きっと楽しいですよ。

 ここで語られている“模型を使ったSL映画を撮る”“特撮の要領で私が模型の列車に乗る”というエピソードも、『四畳半SL旅行』で描かれています。このエピソードが『四畳半SL旅行』の物語の核になっているといってもよいでしょう。



 こうして見てくると、『四畳半SL旅行』にはF先生の鉄道模型に対する熱い思いがたっぷりとまっすぐに込められていることがわかります。
 そういえば『ドラえもん』の「のび太鉄道模型」(てんとう虫コミックス39巻所収)のトビラも、『四畳半SL旅行』のトビラと構図が似ています。(「のび太鉄道模型」のトビラで鉄道模型を眺めているのはドラえもんです) この話では、スネ夫鉄道模型のレイアウトを自慢されたのび太が、ドラえもんにつくってもらった地下室に広大なレイアウトを敷きます。桁外れの広大なレイアウトを敷設することはF先生の長年の夢だったので、この話はまさにその夢がストレートに描かれたものといえるでしょう。



 F先生は、落語家・春風亭小朝さんとの対談で次のように語っていました。

小朝「漫画を通してやりたいことをすべてやってきたという感じが伝わるんですが、まだ夢をお持ちですか。」
藤子F「ありますよ! 無人島に模型の鉄道を徹底的に作ってみるとかね」
小朝「えっ、島全体にですか?」
藤子F「そう。島にたくさん駅を作るの。そこに精巧に作った鉄道模型を走らせたい。」
(「トランヴェール」1996年1月号)

 これはF先生の晩年の発言です。F先生は、壮大なスケールの鉄道模型をつくることを最後まで夢としてお持ちだったのです。先生の財力であれば夢の実現も不可能ではなかったんじゃないか、と思ったりもするのですが、体調を崩しながら亡くなる間際までお仕事をされていたF先生にそこまで趣味に費やす余裕はなかったようです。
 この夢は現実にはかなえられなかったものの、ご自分の描くマンガ作品の中でぞんぶんに表現されたわけで、その意味では、F先生はちゃんと夢をかたちにできた、ということになるのかもしれません。