松坂屋名古屋店の屋上遊園のドラえもん遊具

 5月8日のことです。全国の百貨店で屋上遊園が消えゆくなか、松坂屋名古屋店で約100年にわたり運営されてきた屋上遊園が来春のリニューアルに向けて13日からいったん休園する、ということで、リニューアル前の景色を眺めてきました。このリニューアルは、屋上遊園の存続が決まったからこそ行なわれるものです。

 どのようにリニューアルされるのかわかりませんが、この昭和レトロなたたずまいの屋上遊園の存続を決めてくれた松坂屋に拍手をおくりたいです。

 藤子ファン的には、この屋上遊園にドラえもんの遊具が3台あるのがポイントです😊  1990年代後半〜2000年代序盤ごろに製造されたもので、3台とも大山ドラ時代のものです。

ドラえもん大冒険

 

 

●のりのりシリーズ ドラえもん(消防車)

 

 

ドラえもんの運転だいスキ

 この遊具だけ遊んでみました。

 なぜか道路に落ちているドラ焼きを通ることでポイントを稼いでいくゲームでした。

 

 途中、交番の前を通りかかりました。そこにいるのは「家がだんだん遠くなる」で虫のいどころが悪くてのび太にあべこべの道を教えた警官ではないですか!

 

 屋上遊園の存続はよかったと思いますが、これらのドラえもん遊具がリニューアル後も残されるのか気になるところです。