『ある日……』

 本日から「ドラえもんチャンネル」で藤子F先生の短編『ある日……』が期間限定公開されました。(8月12日AM10時まで)

 https://dora-world.com/hiyatto_summer2019

 

 『ある日……』は10代のころ初めて読んで狂おしいほどの衝撃を受け、その後取り憑かれたように何度も読み返した、思い入れの強い作品です。

 核兵器が世界中に配置されている現実への恐怖…。それとともに、今後も当たり前に続いていくと無意識的に信じていた日常が唐突に途切れてしまうことが今にもありうるのだという恐怖や、み~んなこの破滅的・危機的状況をわかっているのに平然と暮らしているように見えることへの恐怖にみまわれました。

 

 最終コマの極端にシンプルな表現も鮮烈だったなあ。日常がそこで忽然と途切れた感覚がじかに伝わってくるようで…。そのコマにはほとんど何も描かれていないのに、伝わってくるものはあまりにも甚大です。何も描かない表現の力を感じました。

 最終コマの一つ前の佐久間氏のセリフは、その言葉の内容とリズムの両方で心にたたみかけてくる感じで、ぐんぐん啓発されながら、がつんと打ちのめされました。

 

 『ある日……』を読んで私が感じた“み~んなこの破滅的・危機的状況をわかっているのに平然と暮らしてるように見えることへの恐怖”を、もっと端的に描いたF先生の短編マンガが『大予言』です。

 

 『ある日……』も『大予言』も、広島と長崎の原爆忌を迎えたこの時期に読むことで、ますます切実に深く心に届くものがあると思います。