手塚先生から藤子先生に贈られた生原稿

 2人の藤子不二雄先生がプロ漫画家デビューする前からデビュー間もないお若いころ、藤子先生は手塚治虫先生から描き損じの生原稿やコマの切抜きをよく贈られていました。そのことは『まんが道』でも描かれています。

 たとえば、『まんが道』立志編の初めのほうの回「夢への旅立ち」や「手塚先生よりの手紙」でそういうエピソードを読むことができます。

 『まんが道』によれば、満賀道雄才野茂は手塚先生から贈られた生原稿を2人共有のトレジュアボックス(宝の箱)と呼ばれる小さな金庫にしまっていました。2人にとってこのうえない宝物だったことでしょう。

 

 そんな、手塚先生から藤子先生に贈られた生原稿のうちⒶ先生が保存されていたものが、6月末に藤子スタジオから手塚プロに返却されました。

 その出来事を最初に明かしてくださったのは、手塚るみ子さんです。Ⓐ先生の姪御さんで藤子スタジオ代表取締役の松野いづみさんが手塚プロに来社し原稿をお返ししたいと申し出があった、ということを7月初めにSNSで報告してくださったのです。

 

 るみ子さんによるこの報告に触れたとき私は、Ⓐ先生がこれらの原稿をずっと大切に保存されていた事実に(Ⓐ先生ならずっと大切に保存されるに決まっていると思っていても)思わず感涙しました。そして、Ⓐ先生がこれらの生原稿を手にしたときの絶大な喜びやⒶ先生が生涯にわたって手塚先生に抱き続けた敬意が時空を超えてこちらの胸に届いたかのような感覚になり、非常に感銘を受けました。

 

 そんな“手塚先生から藤子先生に贈られた生原稿”についての記事が、本日(8/13)付の読売新聞朝刊に大きく掲載されています。

 なんといっても、1面トップで掲載されているのですから、すごいです。

 そのうえ27面にも関連記事が載っており、マンガ界を超えたビッグニュースの扱いとなっています。

 

 

 手塚治虫の未発表原稿、藤子(A)さん保存…長女に返却「師弟関係に胸が熱くなる」2022/08/13 07:52

 https://www.yomiuri.co.jp/culture/subcul/20220812-OYT1T50279/#r1

 

 

 ■仕事で煮詰まった時、気持ちが沈んだ時…藤子(A)さんが初心に戻れた「手塚先生の生原稿」2022/08/13 09:55

 https://www.yomiuri.co.jp/culture/subcul/20220813-OYT1T50067/

 

 上掲のようにデジタル版でも読めますが、私は記事の大きさを実感したくてコンビニで紙の読売新聞を買ってきました。個人的に紙で保管しておきたくなる記事ですし。

 「仕事で煮詰まった時、気持ちが沈んだ時…藤子(A)さんが初心に戻れた「手塚先生の生原稿」」という記事では、『まんが道』立志編「手塚先生よりの手紙」に登場した手塚先生の生原稿の現物が紹介されています。

 満賀道雄は、手塚先生から届いた封書を開けたら出てきたこの生原稿を目にしたとき、こう思いました。

「中から出てきたのは、なんと手塚先生の生原稿の1ページだった!手塚先生が描きそんじの原稿を送ってくれたのだ!だが、その原稿のどこを描きそんじたのか、何度見ても、満賀道雄にはわからなかった!」

 

 私が10代のころ『まんが道』立志編を初めて読んだとき、この「その原稿のどこを描きそんじたのか、何度見ても、満賀道雄にはわからなかった!」というフレーズがとても心に響きました。手塚先生の生原稿の神々しさや描線の美しさがありありと伝わってくる気がしたのです。

 

 NHK総合でドラマ『まんが道』の再放送が(まだ第9話までのオンエアですが)あったばかりですし、本日の記事はとても良いタイミングでの報道だなと感じ入っております。

ドラマ『まんが道』再放送の予定変更

ドラマ『まんが道』全15回が8月10日(水)・11日(木)の2夜で一挙再放送される予定でしたが、変更になりました。

当初の予定はこうでした。
●8/10(水) 夜11:45から第1〜8回
●8/11(木・祝) 夜11:45から第9〜15回


8/10(水)夜11:45から放送予定だった第1回が5分遅れて11:50より放送開始されまして、それは別に5分遅れただけのことでしたが、第3回放送の途中で地震情報のテロップが入り、それから少しして番組が中断、地震の報道に切り替わりました。
つまり、8/10夜は第1回~第8回が放送される予定だったのに、第3回の途中までしか放送されなかったのです。強めの地震が発生したので仕方ありません。

そのため、8/11(木)の夜11:45からは、第3回~第9回が放送されることになった模様です。
第10回以降の放送については今のところ(8/11午前7時現在)分かりません。

詳しくは公式サイトなどでご確認をお願いします。
https://www.nhk.jp/g/blog/eqtj8qt-u8k/

大竹宏さん逝去

 ベテラン声優の大竹宏さんが亡くなりました。

声優の大竹宏さんが8月1日に急性心不全のため死去した。90歳。所属事務所が9日、公式サイトで発表した。

https://www.oricon.co.jp/news/2245187/full/

 

 私が小さかったころ・若かったころから楽しませてくださってきた著名人の訃報に触れる機会が近ごろ多くなって、つらいです。

 

 大竹さんは日本のTV放送が始まった初期の時代から活躍してきたレジェンド級の声優さんです。藤子不二雄原作のTVアニメの主だった役だけでも、『オバケのQ太郎』(モノクロ版)の小池さん、『怪物くん』(モノクロ版)のドラキュラ、『ウメ星デンカ』のベニショーガ、『キテレツ大百科』のブタゴリラ(初代)など、多くの藤子キャラを演じてくださっています。

 そして、大竹さんが演じた藤子キャラで私が最もいとおしく感じるのは、『パーマン』のパーマン2号(ブービー)です。

 

 大竹さんはTBSのモノクロ版『パーマン』でもテレビ朝日のカラー版『パーマン』でもブービーを演じています。

 ブービーの声は大竹さん以外ありえないのです。

 私の偏った思い入れを省いて客観的に見ても、大竹さんが数多くつとめられたさまざまな役のなかで最も代表的なキャラクターのひとつがブービーではないでしょうか。

 

 TBS版とテレ朝版があるなか、私が夢中になって観ていたという点では、テレ朝版『パーマン』のほうに強い思い入れと思い出があります。1980年代藤子アニメブームの時代でした。当時の私は中高生くらいの年齢でしたが、自分の半生のなかで最も藤子作品に熱狂し傾倒し依存していた時代であり、当時放送されていたアニメ『パーマン』にも非常に熱中していたのです。

 

 大竹さんは、ウッキーとかウキャキャといったチンパンジー語(擬音語)だけを駆使してブービーの感情や意思をとても自然に、とても豊かに、とても愉快に表現してくださいました。仲間のパーマンたちがブービーチンパンジー語をちゃんと理解していたように、私までがそれを聴き取れて理解できているような気分にさせてくれたのです。それは大竹さんの演技力の賜物。大竹さんにブービーが憑依していたのではないか、と思いたくなるくらいです。

 

 ということで、大竹さんの訃報に触れた日の晩はテレ朝版『パーマン』の数話を観返して大竹さんに思いを馳せました。

 観返したのは「夫婦ゲンカはブービー迷惑」「ブービー野性にかえる」「ブービーとってもしあわせ」「ブービーの恩がえし」といった、ブービーが中心となるお話です。 

 「夫婦ゲンカ…」では、ブービーがひとつの部屋に5人もいることになって「ドラえもんだらけ」ならぬ「ブービーだらけ」状態に。「ブービーの恩がえし」でのブービーの強烈なコスプレにも目を奪われました。

 

 テレ朝版『パーマン』のなかには、通常は動物語(チンパンジー語)しか話せないブービーが人間語(日本語)で話す回もわずかながらありました。「ブービーの悩み」とか「もっとほしいパーマンパワー」といった話です。ブービーの声色をした大竹さんが発する日本語を聴けるのが貴重な回でした。

 

 大竹さんが演じた役のうち藤子アニメ以外で個人的に懐かしくて思い出深いキャラクターを挙げれば、『マジンガーZ』のボス、『Dr.スランプアラレちゃん』のニコチャン大王、『まいっちんぐマチコ先生』の校長先生などです。ピンポンパンのカータンにも幼いころたいへんお世話になりました。

 

 大竹宏さんのご冥福をお祈りします。

「BE-PAL」9月号と「サライ」9月号発売

 本日(8月9日)発売の小学館の雑誌を2冊購入しました。

 この2冊です。

 

 「BE-PAL」9月号は、特別付録“ドラえもん ミニ・シェラカップ”が目当てです。

 

 

 ソロキャンプ中とおぼしきドラえもんが焚き火をしていて、その様子がとっても楽しげ😊 むぎわらしんたろう先生が描き下ろしたイラストのようです。

 このミニ・シェラカップはステンレス製で、直火調理ができてお皿にも計量カップにも使えるそうです。見た目はかわいく、使い道は本格的なアイテムなのです。

 

 

 「サライ」9月号の特集は「日本漫画は大人の教養」。

 『まんが道』を座右の書と呼ぶ江口寿史先生が藤子不二雄Ⓐ先生のふるさと高岡・氷見を探訪しています。江口先生と喪黒福造のツーショットが!

 この記事で江口先生はトキワ荘マンガミュージアムも訪れています。松葉で「ンマーイ!」も!!

怪物くんに会うべく世界コスプレサミットへ

 今年で20周年を迎えた世界コスプレサミットが8月5から7日にかけて名古屋で開催されました。

 6日に藤子ファン仲間のざっきーさんが怪物くんのコスプレで参加されるということで、会場のオアシス21まで足を運びました。

 

オアシス21はこんな雰囲気でした。

 

・会場で無事に怪物くんと会えてユカイツーカイ♪

 

・怪物くんお得意の百面相を惜しげもなく披露してくれました!

 Fキャラ(ドラえもん&アカンベーダ―)へのお見事な変身!!

 

・お供の怪物三人組が小さくなっていたのは、怪物くんの念力によってでしょうか(笑) それともデモーニッシュの一味のせい?

 

オアシス21マクドナルドがあるので、みんなで「マックシェイクドラえもんラムネ」を楽しみました♪

マクドナルドのドラえもん

 8月5日(金)からマクドナルドのハッピーセットで「ドラえもん わくわく じゆう研究」が始まっています。

 第1弾(8/5~8/11)は4種類の玩具が登場。

 8/6、8/7限定でハッピーセットを頼むと「びっくり!ひらめき☆おたのしみシール」がもらえるということで、のび太くんの誕生日である8/7の昼食をハッピーセットにしました。

 

 玩具はこの3種が出ました!

 

 ハッピーセットと合わせて、現在発売中の「マックシェイク ドラえもんラムネ」「ドラえもんチョコバナナパイ」も注文。

 

 ハッピーセットは2人で分けて食べたものの、それにしてもこれだけの量を食べると私には超満腹です(笑)