『ジュラシック・パーク』と藤子・F・不二雄

 8月7日に映画『のび太の新恐竜』が公開されて劇場で4回鑑賞した私は、4回ともおおいに感動しました。

 その記念に、先日、恐竜映画の元祖と言われる『ロスト・ワールド』を再鑑賞し、原作小説のほうも再読しました。

 

■映画『ロスト・ワールド』を観る

https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/09/16/195855

 

■小説『失われた世界(ロスト・ワールド)』を読む

https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/09/17/195918

 

 その勢いで、今回は恐竜映画の金字塔『ジュラシック・パーク』シリーズ5作をまとめて再鑑賞することにしました。

 

ジュラシック・パーク』(1993)

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)

ジュラシック・パーク III』(2001)

ジュラシック・ワールド』(2015)

ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)

 

f:id:koikesan:20200908164436j:plain

・『ジュラシック・パーク』シリーズのパンフレット(第5作目のものだけ持っていませんが…)

 

 5作とも好きな映画ですが、やはり第1作が私にとっては圧倒的に最高です。第1作を初めて観たときの、「恐竜が生きてる!動いてる!」という衝撃と感動は忘れられません。

 何千万年も前にこの地球上からいなくなった恐竜たち。太古の昔にこの世界から失われた恐竜たち。あんな巨大な動物が地球上を支配し闊歩していた時代があったんだ!と魅惑的な驚きを与えてくれた恐竜たち。

 そんな恐竜たちがリアルに生きている姿をこの目でまさに目撃できたような、歓喜と驚異に満ちた衝撃を、第1作を観て感じたのです。

 そういう掛け替えのないすばらしい映像体験ができたことから、私が洋画ベスト1を選ぶとしたら、この第1作目の『ジュラシック・パーク』となります。

 フィクションで描かれる恐竜の生態や姿は、この映画の以前と以後で革命的に変わったのではないでしょうか。それほどの影響力をもった映画だとも思います。

 

f:id:koikesan:20200908164250j:plain

 2作目はタイトルに“ロスト・ワールド”という語を入れています。そこには、映画『ロスト・ワールド』(1925年公開)へのオマージュが強く込められています。

 とくに、ストーリーの終盤でティラノサウルスがサンディエゴに連れてこられて大暴れするところに最大級のオマージュを感じます。1925年版『ロスト・ワールド』ではブロントザウルスがロンドンへ連れてこられるのです。

 『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』も、『ロスト・ワールド』も、ストーリーの終盤で大きな恐竜が先進国の都市へ連れてこられ、そのシーンがクライマックスとなる…という大きな共通点をもっているわけです。

 ティラノサウルスがサンディエゴで、ブロントザウルスがロンドンで大暴れするシーンは、“太古の恐竜×現代の都市”という、本来ありえない対極的な組み合わせに目を奪われます。

 

f:id:koikesan:20200901203020j:plain

・映画『ロスト・ワールド』のDVD。いっしょに写っている恐竜フィギュアは、アパトサウルスです。かつてブロントザウルス(ブロントサウルス)と呼ばれていた恐竜は実はアパトサウルスと同種である、と認定され、名称もアパトサウルスに統一されてしまいました。

 

 『ジュラシック・パーク』が公開される前から、ティラノサウルスブラキオサウルストリケラトプスなどは私のなかですでにスター恐竜でした。そんななか、『ジュラシック・パーク』で一躍スター化した恐竜がヴェロキラプトルです。

 1作目ではただただ恐ろしかったヴェロキラプトルも、3~4作目あたりまで来ると、怖いながらもどこか親しみを感じる対象になっていきました。

  3作目に出てきたヴェロキラプトルは、声を使って高度なコミュニケーションをとっていましたし、人間から卵を返してもらったらその後は人間を襲わずその場から去っていくなんてこともあって、ただ怖いだけじゃない、人間味のようなものを匂わせてくれました。

  そして4作目では、人間に訓練を受けたヴェロキラプトルが登場。遺伝子組み換えで生まれた凶暴な巨大肉食恐竜インドミナスと戦って、ヒーロー的なかっこよさすら感じさせてくれました。

 

 そんなわけでヴェロキラプトルへ好意を抱いた私は、こんなフィギュアまで入手しました。

f:id:koikesan:20200915202226j:plain

f:id:koikesan:20200711140532j:plain

  これは、2001年に発売された「ジュラシック・パークIII スペシャルフィギュアコレクション」シリーズのヴェロキ・ラプトル(メス)です。ローソンのコカ・コーラ社製品に付いていました。

 

f:id:koikesan:20200908174205j:plain

f:id:koikesan:20200908181359j:plain

f:id:koikesan:20200908181125j:plain

f:id:koikesan:20200908181640j:plain

ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)公開時にプライズ品として流通したヴェロキラプトル・ BLUEのプレミアムフィギュアです♪ 皮膚とか口の中とか細かく作りこんであって迫力を感じます。

 

 

 藤子・F・不二雄先生は大の恐竜好きで、『のび太の恐竜』をはじめ恐竜を題材にした作品をいくつも描いています。『ドラえもん』連載開始50周年、映画ドラえもん40作目という大きな節目の年である本年に公開された映画ドラが『のび太の新恐竜』だったのは、恐竜好きだった藤子F先生への敬意の表明であり、映画ドラの第1作が『のび太の恐竜』だったことを意識したものであったはずです。

 

 恐竜好きで映画好きだった藤子F先生は、1作目の『ジュラシック・パーク』をご覧になっています。

 『ジュラシック・パーク』の公開は1993年で、藤子F先生は1996年に亡くなられました。

 

 そのことに関して、以前Twitterで『ケロロ軍曹』の作者・吉崎観音先生がこんなツイートをされていました。

 

「藤子F先生はジュラシックパーク観たのかな。喜んだのかな。」とずっと気になっていたことをむぎわら先生におしえてもらえました。「観て、喜んで、影響されまくりでしたよw」ホントによかった!(2010年11月27日 吉崎観音twitter

 

 短い文面ですが、『ジュラシック・パーク』をご覧になった藤子F先生の感激と興奮がどれほど大きかったか想像できます。

 

 『ジュラシック・パーク』をご覧になった影響でしょう、藤子F先生は『ジュラシック・パーク』以後に描かれた作品の一つ『のび太と銀河超特急』(1995~96年)にヴェロキラプトルを登場させています。

f:id:koikesan:20200926132544j:plain

 ちゃんと確認したわけじゃありませんが、『ジュラシック・パーク』以前の藤子Fマンガにはヴェロキラプトルは出てこなかったと思います。(もし出てきていたらご教示ください)

 

 藤子F先生が『ジュラシック・パーク』に触れたときの感動の大きさは、原作小説の帯に先生が寄せられたコメントからもうかがえます。

f:id:koikesan:20200715140427j:plain

f:id:koikesan:20200715140352j:plain

 藤子F先生は「生きて動く恐竜を一目でも……という夢が、半ばかなった思いです」と書かれています。

 そのコメントを読んで思い出したのが、のび太が「おばあちゃんのおもいで」で過去へ行っておばあちゃんを見たときに発したセリフです。

 

「生きてる。歩いてる!」

 

 藤子F先生が『ジュラシック・パーク』に触れたときの感動は、そんなのび太の感動と同質のものだったのではないでしょうか。

 

 藤子F先生が帯に寄せたこのコメントは原作小説を読んだ感想と思われますが、映画版『ジュラシック・パーク』をご覧になったときは「生きて動く恐竜を一目でも……という夢が、半ばかなった思い」をますます強く本格的に抱かれたことでしょう。あのリアルな恐竜の映像には、藤子F先生の心にそういう絶大な感動をもたらすだけのすごさがあったと思います。

 

 先ほど紹介した『のび太と銀河超特急』のヴェロキラプトルは、ドリーマーズランドの“中生代の星”に棲んでいます。“中生代の星”は、たくさんのいろいろな恐竜たちが広大な敷地内で野生のままに棲息するテーマパークです。

f:id:koikesan:20200908201358j:plain

 ・てんとう虫コミックス大長編ドラえもんVOL.16 のび太と銀河超特急』(藤子・F・不二雄小学館、1996年発行)115ページより引用

 

 ご覧のように、“中生代の星”には、森林、平原、山、川、湖、海などが再現され、そこにジュラ紀白亜紀に生きていた恐竜たち(実は本物そっくりロボット)が放し飼いにされています。

  この“中生代の星”の描写にも『ジュラシック・パーク』の影響を感じます。

 

 “ジュラシック・パーク”というのは、本物の生きた恐竜を体験できる驚異のテーマパークです。

 いま私は『ジュラシック・パーク』の影響で藤子F先生が“中生代の星”を描いた、なんてことを言ったばかりですが、実のところ、F先生は『ジュラシック・パーク』(原作小説は1990年出版)よりもずいぶん前に、リアルな恐竜体験のできるテーマパークを描いておられます。

 1970年に発表された『モジャ公』の「恐竜の星」です。

f:id:koikesan:20200926124507j:plain

モジャ公』の「恐竜の星」は、ティラノサウルスのような巨大な肉食恐竜(実はロボット)が人に襲いかかってくるレジャーランド“恐竜狩りゲームセンター”を描いています。肉食恐竜に食われると盛大に血しぶきが飛び散る……そんな残酷描写がかなりショッキングです。

ジュラシック・パーク』よりはるか前にこうした恐竜体験テーマパークを構想されていたのですから、さすがは藤子F先生です。

のび太と銀河超特急』で描かれた“中生代の星”は、この“恐竜狩りゲームセンター”の発展型であり、“恐竜狩りゲームセンター”に“ジュラシック・パーク”要素を加味したものと言えそうです。

 

 

ジュラシック・パーク』以前に描かれた藤子Fマンガで、“ジュラシック・パーク”的なアイデアの見られる作品として、ほかに『ドラえもん』の「恐竜が出た!?」が思い当たります。初出は1979年、てんとう虫コミックス21巻などに収録されています。

「恐竜が出た!?」に、未来の恐竜展のプログラム(図録のような冊子)が登場します。このプログラムをポンと叩くと、なかから本物のように動くミニチュアサイズの恐竜が出てきます。

 のび太は、プログラムからいろいろな種類の恐竜を出します。そして、背景を描いた紙をつないで囲いをこしらえ、その囲いのなかに、小さいけれど本物そっくりなその恐竜たちを放します。

 それは、のび太の言葉を借りれば「大昔の動物園」です。恐竜の動物園と言い換えてもいいでしょう。

 そのアイデアは、まさに“ジュラシック・パーク”を先取りしたものではないでしょうか。

 さすがは藤子F先生!と感嘆せざるをえません。

ハロウィン仕様のドラえもん

 某ショッピングセンターのなかでハロウィンコスチュームのドラえもんに遭遇しました♪

f:id:koikesan:20200928205029j:plain

 近年は、街でハロウィンの飾りつけや商品を見かけると秋の訪れを感じがちです(笑)

 

f:id:koikesan:20200928204816j:plain

 ちなみに、このハロウィンドラは「ドラキッズ」の特設受付カウンターにいました。

ボトルシップ

 高蔵寺駅の市民ギャラリーでボトルシップが展示されていました。

f:id:koikesan:20200923104311j:plain

f:id:koikesan:20200923104321j:plain

f:id:koikesan:20200923104243j:plain

f:id:koikesan:20200923104249j:plain

f:id:koikesan:20200923104156j:plain

f:id:koikesan:20200923104204j:plain

 どの作品も瓶のなかで組み立てたとは思えないほど精巧にできていますし、瓶を通して見る船の模型というのは独特の風情があってイイですね。

 この場所ではときどきボトルシップの展示をやっています。その展示を見るたびに、てんコミドラえもん』45巻収録の「ボトルシップ大海戦」を思い出します♪

f:id:koikesan:20200924085240j:plain

 45巻は「ボトルシップ大海戦」が収録されているばかりか、表紙のドラえもんが持っているモノもボトルシップですね。 

チョコエッグドラえもんムービーセレクション2、新たに出たのは2種

 チョコエッグドラえもんムービーセレクション2。

 ここ1週間ほどで8個買って、新たに出たフィギュアは「雲の王国」と「南海大冒険」の2種でした。

f:id:koikesan:20200921132558j:plain

 これまでに総計35個買って、全20種のうち17種まで集まったことになります♪

 残り3種、というところまで来ましたが、その3種を自力で(ふつうにチョコエッグを購入して)集めようと思うと、まだ相当たくさん買わねばならないような気がします(汗)

 

  チョコエッグドラえもんムービーセレクション2の「鉄人兵団」は、ドラえもんフィギュアと一緒に、バラバラになったザンダクロスのフィギュアが入っています。

f:id:koikesan:20200828170637j:plain

f:id:koikesan:20200828170947j:plain

f:id:koikesan:20200828171049j:plain

 バラバラのザンダクロスを(劇中ののび太ドラえもんがそうしたように)自分の手で組み立てられるのが、なんだかちょっと嬉しい!

 なんて思っていたら、ダブりまくってこんなことに……(笑)

f:id:koikesan:20200921131308j:plain

 まあ、ザンダクロスを組み立てる楽しみが増したのだ!と思い込むことにしましょう♪ 

代用シールでポストにされたドラえもんをデザインしたグッズ

 郵便にまつわる原作コミックの図版を使った「ドラえもん50周年コレクション」が、9月7日から郵便局のオンラインショップで販売されています。

 https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/doraemon_home05.aspx

 

 そのグッズたちを我が家にお迎えしました!

f:id:koikesan:20200917155331j:plain

 郵便局が出すドラえもんグッズだからこその、よその製品ではありえなさそうな、こだわりのデザインに心をくすぐられます。

 

 

f:id:koikesan:20200921212143j:plain

f:id:koikesan:20200917161211j:plain

f:id:koikesan:20200917161031j:plain

●Tシャツ

 代用シールの効果でポストにされたドラえもん。その口が、あたかもポストの投函口のように開いていて、ポケットになっているのが実に面白いです。

 そんな投函口ふうポケットからハガキが出てくるという、その凝りようにも感嘆しました。

 こんな独特のデザインのTシャツ、郵便局グッズでなければありえなかったでしょう。郵便局からドラえもんグッズが出たことの意義を強く感じさせる逸品です。

 

 

f:id:koikesan:20200917162210j:plain

●エコバッグ

 カラビナがついていて、バッグなどにぶら下げて持ち歩けます。

 2種類あって、紺は「代用シール」、赤は「返事先どりポスト」のデザイン。どちらも、郵便局のグッズだなあと納得させてくれるデザインです。

 

 

f:id:koikesan:20200918154014j:plain

f:id:koikesan:20200918154132j:plain

f:id:koikesan:20200918154355j:plain

f:id:koikesan:20200918155323j:plain

f:id:koikesan:20200918154728j:plain

f:id:koikesan:20200918154749j:plain

●キャリーオントラベルバッグ

 四次元ポケットから何かを取り出そうとしているドラえもんがデザインされたファスナーポケット。そのファスナーを開くと、みるみる大きなトラベルバッグになっていきます。

 そのさまを見ていると、四次元ポケットのなかから、通常のポケットなら絶対に入らないであろう不釣り合いなサイズの大きなひみつ道具が出てきたときのような驚きを味わえて楽しいです。

 トラベルバッグに使用された図版は、ドラえもんが取り出したばかりの四次元ポケットのアップです。その図版のセレクトから「このバッグには四次元ポケットのごとくたくさん物が入るんだよ~!」というアピールが伝わってきます。

 じっさい、たくさん物が入りそうです♪

藤子・F・不二雄先生のご命日に『モッコロくん』を読む

 本日(9月23日)は、藤子・F・不二雄先生のご命日です。

 すばらしい作品、魅力的なキャラクターを数多く残してくださったことにあらためて感謝しつつ、ぴっかぴかコミックス『モッコロくん』を読み返して先生を偲びました。

f:id:koikesan:20200923083108j:plain

 

『モッコロくん』は、小学校に上がる前の私が初めて好きになった藤子マンガ。自分の藤子ファン道の原点だと思っています。

 

 生まれて初めて読んだ藤子先生のマンガは、おそらく小学館の幼年雑誌に載っていた『新オバケのQ太郎』(そうじゃなければ『ドラえもん』)だったと思うのですが、なにぶん記憶がおぼろげで、確実なことは言えません。

 自分の過去を振り返って、「このマンガ、好き!」と感じた記憶がはっきり残っている最初の藤子マンガが『モッコロくん』なのです。

 

『モッコロくん』は、1974~75年に小学館の「幼稚園」「小学一年生」で連載されました。私は保育園児のころ「幼稚園」誌で読んでいました。

 しかし、連載終了後、ほんとうに長いあいだ単行本化されませんでした。幼年マンガは単行本になりづらいのです。

 そんななか、2005年9月に「ぴっかぴかコミックス」のレーベルからついに『モッコロくん』が刊行されたときは、大いに歓喜したものです。

 連載終了からおよそ30年の歳月を経ての初単行本化でした。

 そして、2011年には藤子・F・不二雄大全集版も発売され、全話収録されることになりました。

f:id:koikesan:20200923084226j:plain
 当時(1974年度)「幼稚園」誌で『モッコロくん』を読んで、大人になってもずっと忘れなかった話が何編かあります。

 アオムシに新幹線の塗装をほどこす話、アメンボのように水面に浮かぶ話、暴れるゾウを巨大カブトムシが制御する話などです。とくに、アオムシに新幹線の塗装をほどこす話(「特急アオムシ号」)は非常に印象深く憶えていて、思い出すたびに懐かしくワクワクした気持ちになります。話の内容を憶えているというより、新幹線と化したアオムシのビジュアルをよく憶えているのです。

 

 藤子F先生のマンガのなかには、雲の上を遊び場にする話がいくつかありますが、『モッコロくん』の「すてきな遊び場」という話は、木に張り巡らされた蜘蛛の糸の上を遊び場にしてしまう話です。雲と蜘蛛の糸、どちらの場所も現実的には上に乗っかって遊ぶことはできません。できないがゆえに、あそこで遊んでみたいなあという夢が膨らみます。

「すてきな遊び場」には、いつもの空き地が年上の子たちに占拠されてしまって遊べない…という展開もあって、それは『のび太の宇宙開拓史』でも見られますね。

 

『モッコロくん』の「地面のなき声」は、7年前地中に潜ったセミの幼虫がいざ羽化のため外へ出ようとしたら地面が舗装されていて出られない…という話です。怪談テイストの演出も含め、『エスパー魔美』の「地底からの声」に通ずるエピソードです。

 

 また、「ゾウとたたかえ」という話に、動物園のゾウが暴れ出したから殺すことになった…というくだりがあります。そこのところを読むと、空襲でゾウが逃げ出して暴れ出すと大変だから殺すことになった…というエピソードが描かれた『ドラえもん』の「ぞうとおじさん」をちょっぴり思い出します。

 

  そんなふうに、『モッコロくん』を読んで藤子F先生を偲んだわけですが、本日はEテレの番組「沼にハマってきいてみた」にときわ藍さんが出演!ということもありました。ときわさんがドラえもんグッズたちと共に出演し、ドラえもんへの愛を語ってくださったことでもF先生を偲ぶことができて、とてもありがたかったです。

 https://natalie.mu/comic/news/397324?utm_source=dlvr.it&utm_medium

 

 サバンナの高橋さんやキスマイの宮田さんといった出演者の方々の似顔絵をときわ藍さんがFタッチで描いた!という粋なコーナーもありましたし、自分がいろいろ悩みを抱えているからこそ、悩んでいる読者に寄り添えるマンガを描いていきたいというときわさんの思いにジーンとしました。

 そんな素敵な番組が藤子F先生のご命日当日に放送された意義と喜びを、今しみじみと噛みしめています。

園山俊二展のお知らせが届く

 明治大学米沢嘉博記念図書館さまより新展示「インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~」のお知らせが届きました。ありがとうございます。

f:id:koikesan:20200920142636j:plain

  今年は園山俊二先生の生誕85年、マンガ『ギャートルズ』誕生55周年にあたるのですね!

 同館初めてのインターネット展示ということで、じかに原画を見られないのは残念ですが、今はまだコロナ禍にありますし、何より、私のような地方在住者にはありがたい試みです。

 

 私の藤子ファン的な偏った目線で園山俊二先生を見た場合、園山先生は第2次新漫画党の党員で藤子不二雄Ⓐ先生ととても親しかった、との印象がが強いです。

 『愛…しりそめし頃に…』第2集の「新しき出会い」で、満賀道雄園山俊二の初対面が描かれています。満賀は、テラさんに連れられて入った新宿三丁目の飲み屋「浜や」で、その店の客として来ていた園山俊二と出会うことになります。

 園山俊二はその後も同作に何度か登場しますが、「浜や」が舞台になることが多かったような気がします。

 

 『愛…しりそめし頃に…』第2集収録の特別編「さらば友よ」を読むと、藤子F先生の訃報を聞く前日、藤子Ⓐ先生は園山俊二先生のご長男(望太郎さん)の結婚披露宴に出席されていたことがわかります。

 

 藤子Ⓐ先生はかつてO次郎という名前のチャウチャウ犬を飼っておられました。そのO次郎の母犬が園山俊二先生の愛犬ガチャコでした。

 ガチャコと聞くと、『ドラえもん』の連載初期に5回だけ登場してその後出てこなくなったアヒル型ロボット・ガチャ子を思い出してしまいます(笑)

 

 藤子Ⓐ先生の生家・光禅寺を訪問したときのこと。お寺の廊下に園山俊二先生の絵が飾ってあるのを見た私は、「園山先生がお寺に寄贈してくださったものですか?」と質問しました。

f:id:koikesan:20130629085708j:plain

 その質問に、お寺の方はこう答えてくださいました。

「園山先生が安孫子先生とこのお寺に遊びにこられたことがあるんです。そのときその場で落書き気分で描いていってくださったものなんですよ。せっかくなので、こうして飾らせていただいているんです」

 Ⓐ先生の生家にまで一緒に遊びに行かれるとは、やはりⒶ先生と園山先生は仲良しでいらしゃったんだなあ、とそのときあらためて実感しました。