SF短編の傑作『カンビュセスの籤』

 公式サイト「ドラえもんチャンネル」の期間限定STAY HOME特別企画「まんが無料配信」で、藤子・F・不二雄先生が描いたSF短編の大傑作『カンビュセスの籤』が公開中です。

 https://dorachan.tameshiyo.me/WIN2021P1

 3月9日(火)午前10時までの公開です。

 

  配信期間:3/5(金)AM10時~3/9(火)AM10時

 

「精霊よびだしうでわ」(3/6放送TVアニメ原作アンコール公開 てんとう虫コミックスドラえもん」21巻より)

「貧しくも誇り高く」(てんとう虫コミックスチンプイ」4巻より)

「カンビュセスの籤」(藤子・F・不二雄SF短編集Perfect版4巻より)

 

 https://dora-world.com/contents/1766

f:id:koikesan:20210306152305j:plain

(以下、『カンビュセスの籤』の内容に触れています。未読の方はお気をつけください) 

 

『カンビュセスの籤』は、古代ペルシアとはるかな未来世界が奇跡的につながってさらにその先の未来に思いを馳せる、という壮大な時間スケールに圧倒される作品です。そして、地球の全生命体の目的に迫る根源性が感じられ、事の真相と結末に大きな衝撃を受けることになって、この短編一作によって私が味わったカルチャーショックは甚大なものでした。

 傑作ぞろいの藤子F先生のSF短編マンガのなかでも傑出した作品のひとつ!として高く評価されているのが『カンビュセスの籤』なのです。

 

 私が『カンビュセスの籤』を初めて読んだころは、超絶的に気の遠くなる時間感覚、人類史の最果て(人類がほぼ滅亡状態にある世界)に置かれた者のありように震撼させられました。

 超絶的に気の遠くなる時間感覚……。

 人類史の最果てに置かれた者のありよう……。

 それは、手塚治虫先生の『火の鳥 未来編』に見られる要素でもあります。

火の鳥 未来編』は長編マンガで『カンビュセスの籤』は短編ですから、その点は対照的ですが、どちらの作品もそうした途方もなく気が遠くなるありさまをまざまざと見せてくれるのです。

 手塚先生のご長女・手塚るみ子さんは今回の配信で『カンビュセスの籤』をあらためて読んでみて手塚先生の短編『安達が原』と似た話だったんだな、と感じたそうです。

 たしかに、そういうところがありますね。

 極限的なまでに孤独状態にある人物が生きのびるためにカニバリズムをなす…という意味で強い共通性を感じます。

 それぞれの作者が描いた数々のSF短編のなかでも傑作中の傑作のひとつである、という点も共通しています。

 

 私は、『カンビュセスの籤』で描かれたカニバリズムに触れてしまったがゆえに、直方体とか立方体の肉(サイコロステーキのようなもの)を見ると反射的に鳥肌がたちそうな気分になることもありました(笑)作中に出てくる人肉でできた食糧「ミート・キューブ」を思い出すからです。

 ミート・キューブの見た目だけだと、豆腐を思い出したりもします…。

 

 ともあれ、『カンビュセスの籤』で描かれたカニバリズムから、少年だった私は相当な衝撃を受けました。ミート・キューブが一種のトラウマになるくらいに……。

 ですが、衝撃とともに、ささやかながら一種のロマンとエロスも感じてしまったのです。

 カニバリズムからロマンとエロスを感じるとは、どういうことか?

『カンビュセスの籤』は一人の男性と一人の女性が出会う物語、という側面をもっています。男女が出会うといっても、その出会い方も出会った場所も状況も尋常じゃないものでした。

 異文化・異言語どころか著しく離れた時代に生きていた男女が不思議な形で出会い、当初はコミュニケーションがうまくいかなかったものの、そのうち互いの事情や人柄を理解し合えるようになり、両者の間にはしだいに愛情が芽生えていったように私には見えました。

 その愛情は恋愛とか性愛とはっきり言ってしまえるものではないかもしれません。

 それでも、二人の間には何か特別な愛情が芽生えたように見えたのです。少なくとも、お互いに相手のことが「好きだ」という感情は生じていたと思います。

 言ってしまえば、おそろしく離れた時代に生きていた男女が出会ったことで、地球に存在するたった一組だけのカップルが誕生したわけです。

 

 そうしてこの男女は、ある意味で肉体的に結ばれることになります。人類の命をその先の未来へつないでいくために……。

  男女が肉体的に結ばれる……。

 男女が命を未来につないでいく……。

 となれば、二人がこれから行なうのはいわゆる性行為に決まっている、と平生なら思ってしまうところですが、そうはいかないのがこの作品の特異性です。

 この二人が置かれた世界は、人間が生きていくための食糧がありません。そういう極限の環境に置かれているのです。

 それゆえ、このカップルは「一方がもう一方の食糧になる」という方法でしか命を未来へつないでいけないのです。

 すなわち、カニバリズムを行なうわけです。

 

 地球に生き残った唯一の男女カップルが、通常の生殖行為ではなく、食べる/食べられるの関係で肉体的に結ばれる…というのはあまりにも衝撃的です。

 衝撃的すぎます。

 衝撃的すぎるのですが、これを愛が芽生えはじめた男女がやった行為だと思うと、食べる/食べられるの関係で二人が結ばれることが「一つの愛の結実のかたちであり、性的な肉体関係の代償でもあるのでは」と勝手に妄想を膨らませたくなるのです。

 カニバリズムが愛の結晶行為だと思えばそこにロマンを感じるし、性的な関係の代償行為と思えばそこからエロスすら見いだせるのです。

 

 食べるものがないという極限の状況下で未来に命を残していくための、やむにやまれぬ手段としてカニバリズムが選ばれたわけですから、そんな行為からロマンティックでエロティックな男女関係を見いだすなんて不謹慎かつ筋違いなことかもしれません。でも、そのような見方をしたくなるくらい、『カンビュセスの籤』で描かれた二人の関係に愛を感じますし、とくにラストの一コマは情的な余韻を残していて、いろいろと想像をかきたてられるのです。

 

 また私は、時代が進んでも同じような愚(=戦争による惨劇)を懲りずに繰り返す人類に対する諦念みたいなものを『カンビュセスの籤』から感じたこともあります。そうやって同種どうしで延々と殺し合い続けてきたくせに、究極のところでは生きのびる義務・生への欲望にしがみつき、なんとしてでも生き残り続けようとする人類……。その矛盾をはらんだありさまに、人類という種がもつ根源的なジレンマを感じたこともあります。

 そのうえでこの作品は、人類レベル、いや地球の全生命体レベルの“在ること”への執念を見事に描き出していて、生きようとする存在の本質的な美しさとたくましさを感じさせてくれるのです。

 そして作品の終わり方には、絶望状況における一抹の希望が感じられます。

 あまりにも遠大な“溺れる者は藁をもつかむ”お話だよなあ…とも思います。

 

 私にとって『カンビュセスの籤』は、“くじ”というものへの認識を改められた作品でもあります。くじといえば駄菓子屋とかクラスの席決め…といった程度のイメージしか持っていなかった私ですが、この作品を読んで、人間の生死にかかわる極度に重大な物事を決めるためにもくじが使われることに驚愕し、そのくじの結果がもつ有無を言わさぬ絶対性におののき、その絶対性を支える公平性などについて(作為が入りこむ可能性も含めて)考えることになったのです。

 くじって漢字でこう書くのか!と教えてくれた作品でもあります(笑)

 

 くじといえば!

 2月20日ごろから「ドラえもんみつめればしあわせポスター」くじが全国の書店(参加店舗は限られています)で始まっています。

f:id:koikesan:20210226153227j:plain

f:id:koikesan:20210222171351j:plain

 このくじは人気が高いようで、開始してまもなく終了したお店もあると聞きました。

 

f:id:koikesan:20210306142830j:plain

 私は、『とっておきドラえもん わきあいあい家族編』の通常版を購入してこのくじを引きました。

 

 結果は……

 

 

f:id:koikesan:20210306143112j:plain

 シークレットでした!

 シークレットなので、今はまだどんなデザインかここには載せません。(ネット上には画像がいっぱい出回っていますが・笑)

 個人的な第一希望はドラえもんのび太が仲良くごろんと寝ている「おひるねポスター」でしたが、シークレットが出たのはくじとして好結果ですから「やった!」という気分を味わえました。

 

 このくじ、書店でやっているのをまた見かけたら再チャレンジするかもしれません。

アウトレットモールのグラニフでドラえもんシャツをお買い物

 アウトレットモール(ジャズドリーム長島)内のグラニフに行ったら、昨年発売されたドラえもんのシャツが3割引き(2割引きのもあった)で売っていて、衝動的にお買い物してしまいました。

f:id:koikesan:20210304155215j:plain

f:id:koikesan:20210304155235j:plain

f:id:koikesan:20210305081330j:plain

f:id:koikesan:20210305081232j:plain

f:id:koikesan:20210305133632j:plain

 

 今年3月2日に新しく発売された藤子・F・不二雄キャラクターズのはまだ買えていません…。

 

富山料理のお店で寒ブリ食べて地酒飲んでンマーイ!

 愛知県にある富山料理のお店で寒ブリの刺身としゃぶしゃぶをセットで楽しみました♪

 寒ブリといえば、なんといっても藤子不二雄Ⓐ先生のふるさと氷見の名産物ですし、そもそも富山は二人の藤子先生の出身県ですから、富山料理を食べるというのは藤子ファン的にもテンションが上がります。

f:id:koikesan:20210304190830j:plain

f:id:koikesan:20210304190845j:plain

f:id:koikesan:20210304192215j:plain

  脂がのっててンマーイ!

 

f:id:koikesan:20210304191332j:plain

 きときと寒ブリ藤子不二雄Ⓐ先生が氷見のために生み出したご当地キャラクター“ブリンス”、夢の共演!

 

f:id:koikesan:20210304191001j:plain

 忍者ハットリくん寒ブリ

 

f:id:koikesan:20210304191449j:plain

 ご飯は富山産のコシヒカリ、味噌汁も富山の味だそうです。

 

f:id:koikesan:20210304194152j:plain

f:id:koikesan:20210304194003j:plain

f:id:koikesan:20210304194210j:plain

 富山名産“白エビの刺身”をあてに富山銘酒“立山”を飲むという至福!

 

f:id:koikesan:20210304185702j:plain

 “立山”以外の富山のお酒も飲みたかったけれど、飲みすぎるとしんどいことになるので今回は我慢我慢。

 

f:id:koikesan:20210304200218j:plain

f:id:koikesan:20210304195907j:plain

f:id:koikesan:20210304185453j:plain

f:id:koikesan:20210304185622j:plain

f:id:koikesan:20210304184754j:plain

f:id:koikesan:20210304195255j:plain

 愛知県にいながらにして富山気分を満喫でしました♪

ドラえもん学習帳

f:id:koikesan:20210306184030j:plain

 ドラえもん学習帳(れんらくちょう)。

 ホームセンターで見かけて表紙買いしちゃいました。

 たくさんの料理を前にご満悦のドラえもん(笑)今にもよだれがこぼれてきそうな口のゆるみっぷりです♪ そして、嬉しそうな目!

 

「ドラえもん総集編」2021春号

 3月5日、「ドラえもん総集編」2021春号が発売されました。 

f:id:koikesan:20210305155048j:plain
  春にちなんだお話7編をはじめ全部で42編のエピソードが掲載されています。

・春のお話編:7編

・じーんとくる感動話編:9編

・ゲラゲラ爆笑編:26編

 

 巻頭に折り込まれている「ひみつ道具どこかな!?」は、原作の数々の愉快なカットが一つの風景内に大集合したポスターみたいになっていて実に楽しいです。

 

 

f:id:koikesan:20191008160021j:plain

 今号の表紙は、「コロコロコミック1984年2月号表紙のグリーンドラえもんをノーマルカラーにチェンジしたものですね♪

「食べマス ドラえもん2021」

 きのう(3月2日)からローソンで発売された「食べマス ドラえもん2021」。

 ドラえもんが和菓子の練り切りでできていて、カスタード味とさくら味の2種があります。

f:id:koikesan:20210303190216j:plain

f:id:koikesan:20210303190814j:plain

f:id:koikesan:20210303191333j:plain

f:id:koikesan:20210303191055j:plain

f:id:koikesan:20210303191120j:plain

  ひな人形ではないのですが、少しばかりひな人形を思いながら本日(3月3日)買ってきて食べました。

 こんな愛くるしい表情ですから、食べるのにけっこうな罪悪感が生じます…。

 

ケン一氏の声優・菅谷政子さんご逝去

 声優の菅谷政子さんが亡くなった、と報じられました。

 

2021-03-03 14:47

声優の菅谷政子さん、病気療養中に死去 享年83歳 『パーマン』ガン子役など

 

声優の菅谷政子さんが2月25日、死去した。享年83歳。所属事務所が2日、公式サイトで発表した。事務所によると、葬儀・告別式は親族のみで執り行われた。

公式サイトでは「弊社所属、菅谷政子 は(享年83)病気療養中のところ 令和3年2月25日永眠いたしました」と報告。「ここに生前に賜りましたご厚誼に深謝し、謹んでご報告申し上げるとともに故人のご冥福をお祈りいたします」とした。

https://www.oricon.co.jp/news/2186134/full/

 

  菅谷さんは、藤子アニメでもおなじみの声優さんです。古くはモノクロ時代の『パーマン』でガン子、『ウメ星デンカ』でウメ星王妃の役をやられています。

 私がリアルタイムで親しんだ役は、『映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史』のロップルくんや『忍者ハットリくん』のケン一氏。とくにケン一氏のイメージが圧倒的に強いです。明るく元気だけど甘ったれで気弱でわがままなところのあるケン一氏…。そんな彼の性格と菅谷さんの声が自然と共鳴して“相変わらずのケン一氏”であり続けてくれました。 

f:id:koikesan:20210303183457j:plain

 

 藤子Ⓐキャラの役ということでは、2作目の『怪物くん』でハニワくんを、特番の『プロゴルファー猿』で中丸を、『フータくん』のフォノシートでフータくんの声を演じたりもなさっています。 

f:id:koikesan:20150605153158j:plain

f:id:koikesan:20150605153229j:plain

 

 菅谷さんのご冥福を心よりお祈りします。