藤子・F・不二雄先生のお話を読んで体操選手をめざした女子

◆「体操女子・畠田の背中を押した藤子・F・不二雄先生の話」(産経新聞 2021/7/22 20:17)

 https://www.sankei.com/article/20210722-OQBX6OZ52ROWLIVT6IBWCIOBOA/?outputType=theme_tokyo2020

 

 体操の畠田瞳選手が小学2年の道徳の授業で藤子・F・不二雄先生のお話を読んで背中を押され、それをきっかけに体操に打ち込むようになりオリンピックに出場できるまでになった、という記事を見かけました。

 藤子ファンとして、素直に嬉しい話だなあと思います。

 

 このとき畠田選手が読んだ道徳の教科書とは、おそらく東京書籍の『新しいどうとく[2年]』でしょう。

 何年か前、名古屋の図書館で開催された新年度教科書展でたくさんの教科書をチェックしたさい、東京書籍の『新しいどうとく[2年]』に『ぼくは「のび太」でした〜藤子・F・不二雄』という文章が載っているのを確認したのです。手塚治虫先生に憧れてマンガ家をめざし高校を卒業するときには宝塚まで手塚先生に会いに行った、というエピソードが4ページにわたって綴られていました。

 

 

 ※今朝(7/23金)の新聞で見つけたのですが、今晩10時からEテレで放送予定の「思考ガチャ!」の番組欄に「ドラえもん研究」というワードが含まれています。

f:id:koikesan:20210723172100j:plain

 どんなかたちでドラえもんが話題にのぼるのか、ちょっと気になるので番組を観てみようかしら。

『人生ことわざ面白“漫”辞典』第71回「夢は寝覚めの須磨の浦」

ビッグコミック増刊」8月17日号が7月16日に発売されました。

f:id:koikesan:20210718150139j:plain

  [文]藤子不二雄Ⓐ先生、[イラスト]西原理恵子先生によるコラボ連載『人生ことわざ面白“漫”辞典』は、第71回「夢は寝覚めの須磨の浦」です。

  以前からヘンチクリンな夢を見ることが多く、近頃も楽しい夢ではなく悪夢にうなされることが多いというⒶ先生。

 しかし、たとえ悪夢でも夢を見ないよりは見たほうがいい、と思っているそうです。

  コロナのせいで日中ほとんど動いていないけれど、夜になって夢のなかでオバケに追われて逃げまわることで、それがいい運動になっている、とⒶ先生は考えておられるのです。

 

 今号には、第201巻の刊行によってコミック単行本発行巻数世界記録を突破した『ゴルゴ13』を祝福するページがあって、そこにⒶ先生がこんな祝言を寄せています。

ゴルゴ13」、驚異の201巻突破!近頃の暗い閉塞感を打ちやぶる朗報です!さいとう・ゴルゴ・たかを氏に乾杯!

 

藤子プロさんから暑中見舞い届く

 本日(7/21)、藤子プロさんから暑中見舞いが届きました。

f:id:koikesan:20210721164650j:plain

 Fキャラたちが思い思いのスタイルで楽しそうに水浴をしていて、じつに愉快な気分で清涼感をおすそ分けしてもらえます♪

  背景の水色部分は、F先生のベレー帽の形をした特殊なルームスイマーかしら? この形にするため水加工用ふりかけを使ったのかしら?などと思わず想像をめぐらせたくなりました。

 

 このステキなデザインを眺めているだけでじゅうぶんに涼しげなのですが、あえて、ますます涼しげなシチュエーションで撮影してみました(笑)

f:id:koikesan:20210721163542j:plain

f:id:koikesan:20210721164220j:plain

f:id:koikesan:20210721164520j:plain

 

 藤子プロさん、猛暑のなかでこんなに清涼感を与えてくれる暑中見舞いをくださってありがとうございます。

『のび太の宇宙小戦争2021』の公開は2022年春に

 『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』は当初3月5日からの公開が予定されていました。

 昨年の『のび太の新恐竜』は新型コロナ感染拡大の影響で当初の公開予定が延期され夏の公開になってしまったので、今年は2年ぶりに映画ドラえもんを春に観られるぞ!と3月公開のニュースを喜んで受け止めていました。

 ところが、今年も新型コロナ感染拡大の影響を受け、公開の延期が決定……。2年連続で3月に映画ドラえもんを劇場で観られないという事態となり、新たな公開日の発表を待つことになりました。

 

 待つことになったものの、新たな公開日の発表がなかなかなくて少し気をもんでいました。

 昨年の『のび太の新恐竜』と同様、夏休みシーズンの公開になるのかな、それとも秋か冬か…? タイトルに『2021』が含まれているからには、今年中に公開されるのだろうけど…

 などと思いを巡らせていたわけですが、7月17日、ついに新たな公開時期が発表されました。

 

 2022年春

 

 とのことです。

 https://mantan-web.jp/article/20210716dog00m200047000c.html

 https://natalie.mu/comic/news/437338

 

 なんと、『のび太の宇宙小戦争2021』というタイトルでありながら、2021年のうちには公開されず、2022年に公開されることになったのです。

 本来なら2020年に開催されるはずだった東京2020オリンピック・パラリンピックが延期され2021年に開催されることになった事態を彷彿とさせます。

 

 『のび太の宇宙小戦争2021』の公開が来年春になったことで、来年春の公開を予定していたであろう次の映画ドラえもんの公開日も影響を受けざるをえなくなります。おそらく、来年春公開予定だった新作映画ドラは、再来年の春に公開ということになるのでしょう。

 こうなったからには来年は特別に映画ドラを2本公開してほしい、と希望する声も聞こえてきますが、それは困難そうな気がします。むろん未来のことはわかりませんが(笑)

 

 ともあれ、これで今年の映画ドラえもんの公開はなくなったわけで、寂しい気分でいっぱいです。

 そして、『のび太の宇宙小戦争2021』の公開を待ち遠しく思う気持ちをこれまで以上に強く募らせていくことになりそうです。

「ドラえもん総集編」2021夏号発売

 7月15日に発売された「ドラえもん総集編」2021夏号を購入しました。

f:id:koikesan:20210716154759j:plain

f:id:koikesan:20210716172703j:plain

f:id:koikesan:20210716172617j:plain

 夏のお話を中心に『ドラえもん』のマンガが49本掲載されています。

 巻頭カラーページは、9月3日に開館10周年を迎える藤子・F・不二雄ミュージアムの誌上ガイドです。

 

 

 

ドラえもん肩ズンFig. のび太だけが出なくて…

f:id:koikesan:20210710143904j:plain

 6月からカプセルトイドラえもん 肩ズンFig.」が発売中です。

 7月10日までに計10回チャレンジしたですが、徹底的にのび太だけが出ない……という非常に偏った状況になりました。

f:id:koikesan:20210710163840j:plain

f:id:koikesan:20210710181320j:plain

f:id:koikesan:20210710181459j:plain

f:id:koikesan:20210710181904j:plain

f:id:koikesan:20210710165253j:plain

 のび太以外の3人はほぼ均等な個数ずつ出てくれているのに、なぜかのび太だけはまったく出ないという…。

 私にとって「ドラえもん 肩ズンFig.」におけるのび太は、そう簡単には出ないレアアイテムと化してしまいました(笑)

 

 

  そんななか、7月11日になって、ついにのび太くんを我が手にお迎えできたのです!

f:id:koikesan:20210713150921j:plain

f:id:koikesan:20210713150940j:plain

 お迎えできたといいましても、自力でガチャ機を回してのび太を出せたわけではありません。

 友人がたまたまガチャ機を見かけて一回やってみたら一回目でのび太くんが出て、それを私にくれたのです♪

  ありがとうございます。

 

 

f:id:koikesan:20210713150817j:plain

f:id:koikesan:20210713150738j:plain

 ようやく、4人全員を並べることができました!

 みんな、スヤスヤ顔で気持ちよさそう。

 

 

f:id:koikesan:20210712193503j:plain

f:id:koikesan:20210712193609j:plain  4人揃った記念に、きしめん定食の前で集合写真(笑)

新種の恐竜の足跡化石に「のび太」の名が!

「中国・四川省で発見された新種の肉食恐竜の足跡化石にのび太の名前がつけられた」というニュースが報じられています。7月6日に中国のメディアで報じられているとの情報を見かけたのですが、8日になって日本の各メディアで大きく報じられ、さらに『ドラえもん』の公式サイトや藤子・F・不二雄ミュージアムの公式ブログでもこの件が取り上げられ、盛り上がりを見せています。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/668673133c6cecda763366eb0560a27f67ec5b96

https://www.asahi.com/articles/ASP764KGSP72PLBJ002.html

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000221822.html

https://dora-world.com/contents/1969

http://fujiko-museum.com/blog/?p=30621/

 

 

 2021年7月、国際的な学術誌「古地理学雑誌 Journal of Paleogeography」に中国地質大学のシン・リーター(邢立達)准教授らの論文が公開されました。「中国四川省白亜紀前期足跡化石の新種エウブロンテス・ノビタイの報告と竜盤類恐竜の足跡化石について」が論文のタイトルです。

 論文タイトルのなかに「エウブロンテス・ノビタイ」という語がありますが、これが、このたび名づけられた新種の恐竜足跡化石の学名でして、 「ノビタイ」の部分がのび太に由来するネーミングなのだそうです。

 化石の学名はラテン語で表記されます。ラテン語の接尾辞「i」は人名を示し、のび太の名に「i」をつけることで「ノビタイ」ということになったのです。

 

 この論文を執筆したシン准教授は大のドラえもんファン。足跡化石にのび太の名をつけたことについてインタビューを受けたシン准教授は「のび太くんの願いを一つかなえてあげたいと思いました」と語っています。「去年公開の映画でのび太が恐竜に自分の名前をつけたのを見て、夢を実現させてあげたいと考えました」とのコメントも紹介されています。

 シン准教授が挙げた「去年公開の映画」とは、もちろん『のび太の新恐竜』のことです。この映画のなかでのび太は、どうやら新種と思われる双子の恐竜に「ノビサウルス」という種名を与えました。シン准教授は、そのシーンを観てのび太の願いをかなえてあげたいと思い、このたび新種の恐竜の足跡化石にのび太の名前をつけたのです。

 

 シン准教授はこんなメッセージも発表しています。

のび太ドラえもんは多くの中国の子どもたちにとって非常に大きな存在です。『ドラえもん』は想像力、好奇心、そして優しさにあふれた作品で、私にとってもかけがえのない楽しい子ども時代の思い出です。感謝の気持ちをこめて、新発見のこの化石に「のび太」の名前をつけました。」

 

 なんとステキな『ドラえもん』愛でしょう!『ドラえもん』ファンの鏡ですね。

 今回シン准教授がおこなったことは、歴史に残るオマージュ行為、偉大なる推し活だと思います。

 おかげで、のび太くんは大喜びだろうし、天国の藤子・F・不二雄先生も驚きと喜びを噛みしめつつ名誉に感じておられることでしょう。

 もちろん、私もうれしいです。

ドラえもん』の大ファンで大人になって恐竜の研究者となったシン准教授が、『ドラえもん』の作者で恐竜愛好家である藤子F先生に対し、『ドラえもん』と恐竜を学術的に結びつけることで恩返しをした……。そういう関係性に思いをいたすと、ますますうれしさが膨らみ、感慨が深まります。

 

 シン准教授が足跡化石にのび太の名前をつけた直接的な動機に映画『のび太の新恐竜』がかかわっていることも、個人的にうれしいポイントです。私は『のび太の新恐竜』公開当時、この映画を大いに楽しみ、見るべきところの多い恐竜映画としていろいろ考察したくなったりもして、当ブログで感想・考察をたっぷりと書きました。

 ですから、恐竜の足跡化石にのび太の名前がつけられたきっかけに『のび太の新恐竜』があったことに喜びを感じるのです。

 

「エウブロンテス・ノビタイ」がどんな恐竜か気になるところですが、こちらの記事などでわかりやすく書かれています。

・HugKum『「やったね、ドラえもん!」新種の恐竜化石の学名に「のび太」が採用された!』(2021.7.8)

 https://hugkum.sho.jp/255723

 

 

「エウブロンテス・ノビタイ」の足跡化石のレプリカが11月から東京上野の国立科学博物館で展示予定、ということも告知されています。藤子・F・不二雄ミュージアムでも展示されるようです。

 

 

 シン准教授、ほんとうにありがとうございました!