F先生のお誕生日に異色短編集を読む

 12月1日は藤子・F・不二雄先生のお誕生日でした。

 私は当日になってすぐ、祝福画像をブログにアップしました。

 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2022/12/01/001319

 

 F先生のお誕生日であるこの日、公式からこんな発表がありました。

 

2023年春刊行決定!

藤子・F・不二雄SF短編全集』(全10巻)

 

“ 僕にとっての「SF」は、サイエンス・フィクションではなくて、「少し不思議な物語」のSとFなのです。”

ドラえもん』を代表とする子ども向け作品のイメージが強い藤子・F・不二雄先生ですが、1969年に『ビッグコミック』誌に「ミノタウロスの皿」を大人向け作品として発表しました。この作品を皮切りに、約110作品が描き続けられたSF短編シリーズ全作品を、2023年春、装いと巻立てもあらたに刊行します。ご期待ください!

 

・通常版(B6判並製)

・豪華愛蔵版(B5判ハードカバー・コデックス製)

 

https://dora-world.com/contents/2715

 

 SF短編はもちろん藤子・F・不二雄大全集に全作品が収録されており、これが決定版といえると思いますが、来年春に、あらためてSF短編の全集が刊行されるというのです。

 現段階でわかっているのは上記の情報のみ。今後の情報も追っていきたいです。

 

 そして、現在藤子・F・不二雄ミュージアム2Fの展示室Ⅱで「藤子・F・不二雄のSF短編原画展 ―Sukoshi・Fushigiワールドへの招待―」を開催中です。

 私は10月31日にこの企画展を観覧しました。

 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2022/11/05/203932

 

 そんなふうに、いま、公式はSF短編にとても力を注いでいるのです。

 私はその状況に乗っかって、F先生のお誕生日に何かF作品を読み返そうというとき、この単行本を手に取りました。

 F先生にとって初めての短編集であるゴールデン・コミックス『異色短編集1 ミノタウロスの皿』(小学館、1977年発行)です。

 読むさいには雰囲気をかもすため、藤子・F・不二雄ミュージアムで買った『ミノタウロスの皿』の皿をかたわらに置いてみました。

 

 私がF先生のSF・異色短編作品を初めて読んだのがこのゴールデン・コミックスの異色短編集でした。

 10代前半のころ初めて読んで、驚かされたり常識が揺さぶられたり人間の真実を見せつけられたような気分になったり、いろいろと衝撃を受けました。

藤子不二雄はこんなマンガも描くんだ!」と藤子不二雄を見る目が変わるような体験でもありました。

 ゴールデン・コミックス異色短編集を読み返すと、そういう当時の驚きや衝撃がよみがえりやすいです。

ドラえもんソフビパペットマスコットを久しぶりに購入

 2021年3月ごろ発売された「ドラえもんソフビパペットマスコット」が書店のキャラクターグッズ売場で割引販売されているのを見かけました。

 このシリーズのドラえもんの表情やポーズが好きということもあって、3つ買ってみました。

 

 袋を開封して出てきたのは、この3種!

 頭にタケコプターをつけたドラえもんが2体出ましたが、片方は空を飛んで前へ進んでいるポーズで、もう片方は直立したポーズです。

ドラえもんプロジェクターライトキーホルダースペシャル

 2022年9月、カプセルトイドラえもん プロジェクターライトキーホルダースペシャル」(全5種)が登場しました。

 

 「スモールライト ドラえもん
 「スモールライト しずか」
 「スモールライト ドラミ」
 「ビッグライト のび太
 「復元光線 ドラえもん

 の全5種です。

 

 懐中電灯型のひみつ道具ばかりがラインナップされ、スイッチを押すとキャラクターが投影されるプロジェクターライトになっています。

 ラインナップに復元光線が含まれているのがちょっと珍しいかな…とまわしてみました。

 

 4回やってダブり無し!

 

・スモールライト しずか

 

・スモールライト ドラミ

 

・ビッグライト のび太

 

・復元光線 ドラえもん

 

 全5種のうち「スモールライト ドラえもん」だけ出ませんでしたが、「スモールライトしずか」が出てくれたので、ひみつ道具の種類だけ見ればコンプリートした気分を味わえました(笑)

 復元光線がこうして単独の立体グッズとしてリリースされるのは今まであまりなかったと記憶しています。

ドラえもん ブルーグラス&白桃ゼリー

 ローソンへ行ったら「ドラえもん ブルーグラス&白桃ゼリー」を見かけたので連れて帰ることに。

 なんともかわいらしい絵柄ですね。

 この品は、今月22日に全国のローソンで発売されました。全2種あって、私が購入したのはそのうちの1種です。

手袋の日に

 きのう(11/23)は「手袋の日」でした。 

 1981年に日本手袋工業組合が制定したもので、これから手袋が必要になる季節に向けて「勤労感謝の日」を記念日としたそうです。

 

 「手袋の日」と聞いて、私の藤子ファン脳が真っ先に思い出したのは『てぶくろてっちゃん』です。

 講談社の学年別学習雑誌「たのしい一年生」1960年4月号から連載がスタート。年度が進むごとに掲載誌の学年が上がっていって、「たのしい三年生」1963年1月号まで連載が続きました。

 この作品と『すすめロボケット』で藤子・F・不二雄先生は第8回小学館漫画賞(1963年)を受賞しました。(受賞時は藤子不二雄名義)

 主人公の少年・てっちゃんは、作ったものがなんでも動き出す不思議なてぶくろを持っています。そのてぶくろを使って毎回いろんなアイテムを作り出し、楽しく遊んだり冒険に出かけたりといろんな体験をします。

 『ドラえもん』のひみつ道具を思わせる不思議アイテムがいくつか出てくるのが印象的です。

 藤子・F・不二雄先生のメインフィールドである生活SFギャグマンガの原型となる作品、と評されることもあります。

 

 私は「手袋の日」と聞いて反射的にこの『てぶくろてっちゃん』が思い浮かべたのでした。

 

 いま、『てぶくろてっちゃん』には『ドラえもん』のひみつ道具を思わせるアイテムがいくつも出てくると書きましたが、思えば、『ドラえもん』には本当に多種多様な手袋型ひみつ道具が登場します。

 スーパー手ぶくろ、モグラ手ぶくろ、かるがる手袋、タッチ手ぶくろ、技術手袋、タイム手ぶくろ、猛獣ならし手ぶくろ、ペタリ手ぶくろ、手ぶくろ電話、きよう手袋、空気てぶくろ、雪だるま手ぶくろなどなど……。

 なかでも、身体の各部位を簡単に付け替えられる“つけかえ手ぶくろ”や、女の子に応援してもらって必勝できる“チアガール手ぶくろ”なんかが妙に好みです。

 また、離れたところから相手をくすぐれる“コチョコチョ手ぶくろ”にはイタズラグッズ的な魅力がありますし、独りで喧嘩させられる“けんか手ぶくろ”のような無駄道具もなんだか愛おしいです😊 初登場時は使い道が見つからなくて無駄でしかなかった“けんか手ぶくろ”ではありますが、のちの話(「のび太の0点脱出作戦」)でのび太は、別の時間軸ののび太をやっつけるためにこれを使って見事に有効活用したのでした😄 自分としか喧嘩できない…という“けんか手ぶくろ”の特性を巧みに活かした、理にかなった?使い道です。個人的には、無駄道具は無駄であり続けてくれたほうが面白みを感じるのですが、そこから使い道を見いだすというのもまた悪くない展開です。

 

 とまあ、そんなことに思いをめぐらせた「手袋の日」でした。