藤子先生ゆかりの文苑堂書店が来月で閉店…

 17日(水)、高岡市にある文苑堂書店駅前店が5月26日で営業終了する、と発表されました。

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00125289-kitanihon-l16

 https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019041902100027.html

 

 文苑堂書店は、高岡在住時代の藤子先生が手塚漫画や少年雑誌などを買うため通われた書店で、藤子ファンにとっては聖地スポットのひとつです。私は高岡を訪れたとき必ずこの店に立ち寄っていました。聖地巡礼に欠かせない場所なのです。

f:id:koikesan:20190419205727j:plain

f:id:koikesan:20150426101804j:plain

f:id:koikesan:20150426101756j:plain

f:id:koikesan:20190419205733j:plain

f:id:koikesan:20190419205730j:plain

f:id:koikesan:20150424222641j:plain

f:id:koikesan:20190419205721j:plain

f:id:koikesan:20130629123711j:plain

 こんなすばらしい書店が来月で閉店してしまうなんて、とてもショックです。

 

 『まんが道』にたびたび登場した書店が閉店するという一報が、ドラマ『まんが道』の再放送がBS12でスタートする日(4/18)の前日に届くとは…。なんという皮肉なタイミングでしょうか。

 

 文苑堂書店の吉岡会長は、高岡が藤子先生の郷里であることを誇りに思い、先生の業績を称え伝えていく活動に熱心に取り組んでおられる方です。それだけに、藤子先生ゆかりのこの書店を閉店させるというのは、本当に苦渋の経営決断だったと拝察します。

 

 私が文苑堂の存在を知ったのは『まんが道』でした。そこで描かれた店主はタコに似た顔が特徴的で、満賀道雄才野茂の“まんが道”を応援してくれる大人の一人でした。満賀と才野が興味を持ちそうな雑誌とか手塚漫画の新刊などが入荷すると(2人に聞かれなくても)親切に教えてくれたり、2人が何を目的に来店したかをズバリ言い当てたりする、なんてことがよくありました。満賀と才野が少年雑誌でデビューしたさい、「郷土の生んだまんが家足塚茂道の作品「冒険王」に掲載さる!」と店の表に貼り出そう!と喜んでくれたりもしました。

 

 そんなふうに『まんが道』で素敵に描かれている文苑堂書店(駅前店)が現在も営業中であるというのは、非常に嬉しいことですし、感動的ですらあることでした。そういう思いがあるだけに、このたびの閉店の報には大きなショックを受けざるをえないのです。

80年代学年別学習誌のパーマンふろく

 13日の藤子ファンオフ会で私はこんな話をしました。

「1980年代に小学館学年誌を「小学一年生」から「小学六年生」まで毎月買っていた時期があった。けれど親に捨てられてしまった」

 

 というわけで、残念ながら雑誌本体は残っていないのですが、ふろくのほうは箱に入れて押入れにしまってあったおかげで難を逃れ、今も保管してあります。不幸中の幸いだった、とでも言いましょうか(笑)

 そんな大量のふろくのなかから、『パーマン』関係のものを探し出してざっと並べてみました!1984年~85年のふろくです。

f:id:koikesan:20190405082743j:plain

 ・幻灯機、レコード、日光カメラなどなど、素朴なワクワク感とアナログ感が満載です。

 

f:id:koikesan:20190405082921j:plain

・スーパーげんとうき:「小学二年生」1984年1月号ふろく

 

f:id:koikesan:20190405083038j:plain

・日光カメラ:「小学二年生」1984年2月号ふろく

 

f:id:koikesan:20190405083127j:plain

・おしゃべりレコード:「小学二年生」1984年5月号ふろく

 

f:id:koikesan:20190405083206j:plain

・立体スコープ:「小学一年生」1984年8月号ふろく

 

f:id:koikesan:20190405082952j:plain

・レコードセット:「小学一年生」1985年4月号ふろく

 

f:id:koikesan:20190405083323j:plain

・別冊ふろくいろいろ

ベトナムファッションのきれいなジャイアン発見!

 13日(土)、名古屋藤子ファンオフ会でパルコのI'm Doraemon ポップアップストアへ行ってきました!  

f:id:koikesan:20190413063520j:plain

f:id:koikesan:20190413063607j:plain

 前は1人で行ったのですが、今回は仲間がいたのでフォトスポットで写真を撮り合って楽しみました。 

f:id:koikesan:20190413062926j:plain

f:id:koikesan:20190413063727j:plain

f:id:koikesan:20190413062739j:plain

 ご覧のとおり、どこでもドアを用いたフォトスポットが多いです。

 

 

f:id:koikesan:20190413063313j:plain

 タケコプターが頭から外れて落下し始めた決定的瞬間!当人の平和そうな表情を見る限り、まだ自分のピンチに気づいていないようです(笑)

 

f:id:koikesan:20190421151848j:plain

タケコプターが外れる前、まだ快調に空を飛んでいる様子。

 

 

f:id:koikesan:20190413131744j:plain

 ポストカード、下敷き、クリアファイルと平面的なグッズばかりを購入♪

 

 

 名古屋パルコの近くの広場でベトナムフェスティバルが開催中でした。たくさんのお客さんでごった返し、ベトナム気分を満喫できました。

f:id:koikesan:20190413061001j:plain

f:id:koikesan:20190413071848j:plain


  その一画にあったベトナム雑貨のお店できれいなジャイアンを発見!

f:id:koikesan:20190413073037j:plain

f:id:koikesan:20190413150847j:plain

 ノンラーが妙に似合ってました!

 

f:id:koikesan:20190413073538j:plain

 東京タワーの高さのような名前のビール。ベトナムの代表的なビールだと言われ、飲んでみました。すっきりさわやかな味でしたよ。

 

 その後、サイゼリヤに移動して藤子トークで盛り上がりました。おしゃべりに夢中で気づいたら外が暗くなっていました。楽しくて、3時間半があっという間にすぎたのです。

 

f:id:koikesan:20190413130954j:plain

 ご一緒したTさんから、月面探査記のオマージュイラストと懐かしの三ツ矢サイダードラえもんパーマングラスをいただきました。Tさ~ん、プレゼントありがとう!(感涙)

 

f:id:koikesan:20190413131034j:plain

 月面探査記への愛があふれ、ハッピーな雰囲気に満ち満ちたイラストです。このなかに自分もまざりたくなるくらい、みんな楽しそう!

 

 ご一緒した皆さま、楽しい時間をありがとうございました!!

ブラックホール

 ブラックホールが人類史上初めて撮影された、というビッグなニュースがありました。

■「世界初ブラックホール撮影成功 国立天文台などのチーム」4/10(水) 22:07配信 朝日新聞デジタル

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000077-asahi-soci

 

あらゆる物質をのみ込む巨大ブラックホールの撮影に、国立天文台などの国際研究チームが世界で初めて成功し、10日発表した。世界6カ所の望遠鏡で同時に観測して解像度を飛躍的に高め、真っ黒な穴を捉えた。ブラックホールの存在を直接裏付けたことになり、銀河の成り立ちの解明につながる。

 

 ブラックホールは、子どものころからマンガやアニメや科学の本などで馴染みがあるうえ強烈なインパクトのある天体なだけに、このニュースには少なからぬ感動をおぼえました。何でも吸い込み、一度吸い込まれたら逃げられない恐ろしい天体…というイメージが子どものころから脳裏に刻み込まれているのです。

 

 4年ほど前でしたか、映画『インターステラー』を見たときブラックホールが秀逸に映像化されていて、そのことに感興をおぼえたものですが、今回は本物のブラックホールの写真を見られたわけですから、ますます心が奮い立ちます。

 

 『ドラえもん』に「のび太ブラックホール」という話があって、ミニ・ブラックホールなるひみつ道具が登場します。これを食べすぎたのび太が、ブラックホールのごとく片っ端から周囲の物を吸い込んでしまって大変なことに…という話です。体内に溜まったミニ・ブラックホールを排泄するためのブラックホール分解液まで出てきます。

 この話のなかで、ブラックホールが簡潔に説明されています。

「宇宙の墓場、ブラックホール! あらゆる物体をひきよせ、のみこんでしまうといわれる。光さえも、のがれることができないという。」

 藤子Fマンガのなかで見られる科学的知識の説明というのは、いつも名人芸だと感嘆します。その簡潔さ、的確さ、わかりやすさ、テンポ。こうしたF節で教えてもらえる知識に触発されて、科学への興味がわいてきたりもします。 

 

 ブラックホールといえば、1988年公開の立体短編映画『ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B!!』も思い出します。 

f:id:koikesan:20131005145547j:plain

f:id:koikesan:20131005143844j:plain

 劇場でウルトラBのサングラス型青赤セロファン3Ⅾメガネが配布され、それをかけて見ました。

 

f:id:koikesan:20131005150230j:plain

f:id:koikesan:20131005145638j:plain

f:id:koikesan:20131005145631j:plain
・これらは、『ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B!!』(および同時上映の映画ドラえもん、映画エスパー魔美)を見たとき劇場で購入した限定グッズです。上から、缶バッジ、下敷き、シール。

 

  そして、なんといってもスバラシイのは、ウルトラBが超能力でブラックホールをつくれることです! 

f:id:koikesan:20190411114921j:plain

f:id:koikesan:20190411114951j:plain

・F.F.ランド・スペシャル『藤子不二雄ランド ウルトラB ひみつ大探検』(中央公論社、1987年発行)、99ページより

 

 この本でウルトラBの28大超能力が紹介されており、そのひとつに「ブラックホール能力」があるのです。ウルトラBがつくるブラックホールは、そんなに恐ろしいものではなく、むしろ中に入った人は心地よさそうですらあります。ブラックホールというよりは、空気に満たされた、小さな無重力空間みたいなものなのかもしれません。

ミクジン

 藤子仲間の某漫画家さんが描いたミクジンのキュートな姿を見て、彼のことが無性にいとおしくなりました。 

f:id:koikesan:20190410111708j:plain

(この画像は、藤子仲間が描いたものではなく、「コロコロアニキ」2019年春号のふろくの「ドラえもん映画オリジナルキャラクター大集合クリアファイル」の一部です

 

 ミクジンは、『のび太ドラビアンナイト』に登場した時間旅行公社のツアーガイドです。作中で何度か三流ガイド呼ばわりされながらも、じつは責任感が強く、知識がとても豊富で、拗ねたり少し口が悪くなることもあるけれど憎めないキャラクター。ミクジンがしてくれる詳しい解説は、のび太くんたちから「社会科の先生と旅行してるみたい…」と不評でしたが、私はそんな解説をたっぷり聞ける彼のツアーに参加してみたいです♪

 

 ミクジン単独のグッズは持っていないのですが、映画公開時(1991年)に劇場で販売されたシール・セットのなかに彼単独のものも含まれています。

f:id:koikesan:20170831153335j:plain

・この写真を見てのとおり、ミクジン単独のシールが4枚ありますね。

 

映画『のび太ドラビアンナイト』の劇場限定グッズには、シールのほか、こんなものもありました!

f:id:koikesan:20170831153323j:plain

 

I'm Doraemon ポップアップストア

 名古屋パルコで開催中のI'm Doraemon ポップアップストアへ行ってきました。 

f:id:koikesan:20190407073701j:plain

 

 

 イベント限定グッズをはじめ、かわいいドラえもんグッズが多数棚に並んで売っていました。

f:id:koikesan:20190407073320j:plain

f:id:koikesan:20190407074144j:plain

f:id:koikesan:20190407074150j:plain



 フォトスポットも充実していましたよ♪

f:id:koikesan:20190407073056j:plain

f:id:koikesan:20190407073138j:plain

f:id:koikesan:20190407074734j:plain

f:id:koikesan:20190407074726j:plain

f:id:koikesan:20190407073117j:plain

f:id:koikesan:20190407073028j:plain

 このように、どこでもドアを使ったフォトスポットが多かったです。
 

 

f:id:koikesan:20190407152241j:plain

 たくさん並んだグッズの中から、歯ブラシスタンドに一目ぼれして買っちゃいました!

 

f:id:koikesan:20190407151212j:plain

f:id:koikesan:20190407152157j:plain

f:id:koikesan:20190407151837j:plain

 スタンドだけだと寂しいので、歯ブラシも合わせて購入しました😁 歯ブラシのほうはイベント限定グッズのようです。

 

水田わさびさん&ゆきのさつきさんトークショー

 4月6日(土)、水田わさびさん&ゆきのさつきさんによる声優トークショー岐阜県の大垣で開催されました。 

f:id:koikesan:20190406041553j:plain

f:id:koikesan:20190406124735j:plain

f:id:koikesan:20190406124740j:plain

 声優さんお二人の撮影はNGだったので、司会のお兄さんだけパシャリ。わさびさんは真ん中の席、ゆきのさんは向かって左側の席に座りました。

 

 お二人はアニメ『たこやきマントマン』で共演したことがあり、1年半のあいだ毎週会っていたそうで、とても打ち解けたご様子でした。

 お二人ともほんとうにハツラツとお元気で、声優さんですから当然ながら声が美しくよく通って、そのお姿とお声に間近で触れられてずいぶんとパワーをもらえました。

 

 水田わさびさんは三重県のご出身ですが、もう東京に住んでからのほうが長いのに西の言葉がよく出るとか。『ドラえもん』の収録中もつい関西弁のイントネーションが出てしまうことがあって、かがずゆみさんがそれを指摘してくれたり、関智一さんが標準語のイントネーションを丁寧に教えてくれることもあるそうです。

 

 わさびさんの発言で印象に残ったものを列挙します(発言内容は大意です)

 

・ちっぽけ自分に対しドラえもんはとても大きな存在なので、街でドラえもんを見かけても「本当に自分が彼をやっているのか…」と自分ごとじゃないような不思議な気持ちになる。

 

・私は主人公を担当するタイプの役者ではない。今日も大垣に呼んでいただいているが、こうして多くの皆さんとお会いできるのもドラえもんをやっているおかげ。藤子F先生とドラえもんからの贈りものだと思っている。

 

・「わさドラ」「わさび版ドラえもん」とよく言われる。そうやって自分の名を冠して言われると、(『ドラえもん』の主人公はのび太くんだと思っているし、『ドラえもん』はみんなでやっているのに)自分に背負ってる感がズシンとのしかかってきた。今は気にならないが、そう感じていた時期があった。

 

・「ドラえもんの声をやることに決まったときプレッシャーはありませんでしたか?」との質問に対し…。プレッシャーに気づく余裕もなく、やるべきことをやっていくのに懸命だった。今になってプレッシャーにようやく気づいた(笑)日々プレッシャーが増している。

 

ドラえもんの声をやるようになって、(前はまったくしていなかった)インフルエンザの予防接種を毎年受けるようになった。それから、大好きなカラオケを控えるようになった。

 

・この前「ぼくドラえもん」のレコーディングをした。この名曲を自分が歌えて感動した。家に帰ってから泣いた。

 

 

 わさびさんが「マヌカハニー」と言ったとき、意図せず、ドラえもんひみつ道具の名前を言ったときみたいな口調になって、場が盛り上がりました。(大人の事情で、ドラえもんの声で話すのはNGだったのです)

 

 ゆきのさつきさんは映画『聲の形』の主人公の母の役をやっています。『聲の形』の作中の舞台のモデルになっているのは大垣なので、ゆきのさんは大垣に着いてから何ヵ所か聖地巡礼してきたそうです。