【コロナ禍の読書】リチャード・マシスン『アイ・アム・レジェンド』

 今日は、リチャード・マシスンの小説『アイ・アム・レジェンド』について書こうと思います。この作品も、私がコロナ禍の渦中で読んだ“感染症を題材とするフィクション”の一冊です。 

f:id:koikesan:20200602062232j:plain

 細菌の感染で世界中の人々が続々と吸血鬼に変貌し、たった1人の人類となった主人公ロバート・ネヴィル(36歳)が、極限なまでに孤独な生活を送りながら、夜な夜な自宅を襲撃してくる吸血鬼たちとひたすら空しい戦いを強いられる……。

 そんな架空の疫病を描いた小説ということで、このコロナ禍のなか読んでみたのです。

 

 吸血菌に感染していない人間は世界にはただ一人という、あまりにも孤独な生活、孤独な戦いが続きます。ネヴィルはアルコールに依存し、いつ果てるともしれない戦いに絶望し、その戦いに意味があるのだろうかと自問自答する瞬間もありました。それでも彼は、生き続け、戦い続けるしかなかったのです。

 

 ネヴィルは、吸血鬼と戦う日々のなかで、なぜ人間が吸血鬼化すのるのか、なぜ吸血鬼はニンニクや日光や十字架や鏡を恐れるのか、なぜ杭を打つと吸血鬼を退治できるのか、といった数々の謎を科学的に解明しようと専門書を読んだり実験したりします。とても研究熱心で知的な素養がある人物ですね。そうして、しだいに吸血鬼のメカニズムを突き止めていくのです。

 たとえば、杭を心臓に刺しさたら吸血鬼が死ぬのは、吸血鬼の体内が酸素にさらされて環境が変化し、菌が宿主を滅ぼしにかかるからである、ということが判明します。杭は体内を酸素にさらす効果があったわけで、心臓に杭を刺さなくとも、たとえば手首を切り裂いて酸素にさらされ続けるようにするだけでも同じ効果を得られ、吸血鬼は分解するのです。

 ニンニクや十字架などが効くわけも解明されます。十字架が効くのは細菌学的なものではなく、宿主に対する心理的な効果だそうです。

 そんな、吸血鬼の秘密が明らかになっていく過程も本作の読みどころのひとつでしょう。

 

 ネヴィルが顕微鏡を使って発見した吸血鬼病の原因は、ウイルスではなく細菌でした。円筒形で、細胞の嚢から出た何本もの鞭毛で血中を動きまわる、小さく細長い原形質「バチルス」でした。

 ネヴィルはこれを吸血病菌(ヴァンパイリス)と呼ぶことにしました。

 

 人間も動物もみんな吸血病菌に感染してしまったかに見えた世界で、ネヴィルは一匹の犬と遭遇します。太陽の出ている昼間に外を出歩いているので、その犬は感染者ではない可能性が高いのです。

 この遭遇によって、ネヴィルは犬と仲良くなれるよう熱意ある努力を始めます。遭遇するのは吸血鬼ばかり…という日々が長く続いたなか、健常な犬と出会えるなんて奇跡であり、ネヴィルにとっては久々に訪れた交流できる相手です。心の飢えを満たそうとするかのごとく犬との接近を試みるネヴィルの切実な熱意、懸命な努力に引き込まれました。

 

 そして終盤、物語を大きく動かす新たな出会いがあります。日光の下で活動できる人間の女性と遭遇するのです。

 彼女は非感染者なのか感染者なのか?

 

  この『アイ・アム・レジェンド』を換骨奪胎して、藤子・F・不二雄先生はSF短編『流血鬼』を描いています。

『流血鬼』の原案的な作品が『アイ・アム・レジェンド』なのです。

f:id:koikesan:20200602061814j:plain

f:id:koikesan:20200602061804j:plain

f:id:koikesan:20200602061917j:plain

・『流血鬼』の初出雑誌「週刊少年サンデー」1978年52号

 

f:id:koikesan:20200602062013j:plain

・『流血鬼』を収録したコミックスのひとつ、てんとう虫コミックス藤子不二雄SF短編集第2巻 ポストの中の明日』(初版1984年発行、小学館

 

 私が『アイ・アム・レジェンド』を今回読み返した理由には、少し前に『流血鬼』を再読したから、という思いもありました。

アイ・アム・レジェンド』では、人間を吸血鬼にする病原体は細菌でしたが、藤子F先生は『流血鬼』でそれをウイルスに変えています。そのウイルスの名は「マチスン・ウイルス」、ウイルスの発見者は「リチャード・マチスン博士」です。そうしたネーミングに、リチャード・マシスンへの感謝と敬意が表されているのではないでしょうか。

 

f:id:koikesan:20200602062054j:plain

アイ・アム・レジェンド』は邦題が何度か変わっています。最初の邦題が『吸血鬼』、それから『地球最後の男〈人類SOS〉』→『地球最後の男』→『アイ・アム・レジェンド』と変遷しています。藤子F先生は最初の邦題『吸血鬼』をもじって『流血鬼』と題名をつけたのでしょう。

 

アイ・アム・レジェンド』も『流血鬼』も、ラストで描かれる価値観逆転が非常に鮮烈です。衝撃的です。

 ただし、価値観の逆転といっても、マシスンと藤子F先生は異なる方向へ価値転換を行なっています。この2作品を読み比べると、それぞれに驚きがあってじつに興味深いです。

 

(以下、『アイ・アム・レジェンド』と『流血鬼』の結末に触れています。ネタバレを気にされる方はご注意ください)

 

 

 

 

 『アイ・アム・レジェンド』は、まさに最後の一行でタイトルの意味が明らかになる仕掛けで、おおっ!と感嘆させられます。人間の生き血を吸う伝説の恐ろしき怪物・吸血鬼と戦い退治してまわっていたはずのネヴィル自身が、じつは、新人類を殺戮してまわって恐怖を撒き散らしていた伝説の怪物だったのだ……という衝撃のラストです。その真実を悟りつつ、ネヴィルは死を迎えます。

 それに対し『流血鬼』では、最後に一人残った人間である主人公がラストで吸血鬼になり、そうなってみれば吸血鬼の世界のほうが素晴らしいものだった……というラストを迎えます。元の人間(旧人類)のころは暗く不気味に見えていた夜空が明るく美しく見える、という象徴的な変化を描きながら話が終わるのです。主人公視点で見れば、『流血鬼』のほうがハッピーエンドと言えそうですね。

 

 最後に、『アイ・アム・レジェンド』と『流血鬼』の、印象的な共通点と相違点をざっと挙げて今回のエントリを終えようと思います。

 

■共通点

・感染して吸血鬼になった人を退治するため胸に杭を打つ。

・感染者は十字架を見せると嫌がる。

・感染者は一度死んだようになり、その後吸血鬼となってよみがえる。

・女性が、一人生き残った人類のアジトに入り、二人のやりとりがある。

・終盤になってタイトルの意味が判明する。

 

■相違点

・物語冒頭の段階で生き残った人類が、『アイ・アム・レジェンド』は一人、『流血鬼』は二人だったが途中で一人になる。

・吸血鬼と戦うための拠点が、『アイ・アム・レジェンド』は自宅、『流血鬼』は洞穴だった。

・感染者のタイプが『アイ・アム・レジェンド』では二種類存在する。「感染して死んで、精神錯乱した吸血鬼となって再活動する者」と「感染しても死なず感染前の理性や性格を保っている者」の二種類だ。後者のほうが新人類となって新しい社会を形成する。

『流血鬼』では、いったん死んで蘇った吸血鬼が社会を形成。そして、「いったん死んだ」ように見える現象が、本当は死んだわけではないことも明らかになる。

・どちらの主人公も、新人類(吸血鬼)からしたら自分たちを殺戮してまわる敵だが、『アイ・アム・レジェンド』では主人公は新人類社会に受け入れられず死ぬことになる。この主人公は、新人類が社会を形成したことによって自分のほうがマイノリティとなった状況下では、自分こそが新人類を殺してまわっていた伝説の怪物だったのだと悟る。

 それに対し『流血鬼』の主人公は新人類側に引き入れられ、目覚めてみたら元の人類よりも素晴らしいことを実感する。じっさい、新人類は旧人類よりずっと筋力が強く、細胞再生力もあって、胸を杭で刺されても蘇生できる。

(細胞再生力については、『アイ・アムレ・ジェンド』でも菌が細胞結合物質の分泌を促進すると書かれている。銃弾を撃ち込んでもその物質の分泌によって銃弾が包み込まれ傷口が塞がれる)

・アジトに入った女性が、『アイ・アム・レジェンド』では新人類側のスパイだったが、『流血鬼』ではガールフレンドが説得に来た。

 

 

 ※以下は、これまでにアップしたコロナ禍読書のエントリです。

 

 ●2020-03-30「パンデミックとたたかう」
 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/03/30/204138

 

 ●2020-04-30「マスクが日常化した世界の中で」
 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/04/30/214317

 

 ●2020-05-13「人間うつしはおそろしい」
 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/05/13/214802

 

 ●2020-06-24「瀬名秀明『ウイルスVS人類』」
 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/06/24/193827

 

 ●2020-12-29「【コロナ禍の読書】小松左京の『復活の日』」
 https://koikesan.hatenablog.com/entry/2020/12/29/225226

 

 ●2020-12-30「【コロナ禍の読書】『漂流教室』『コレラ』『陽だまりの樹』『白疫病』など」
 https://koikesan.hatenablog.com/archive/2020/12/30